4年間の学びのイメージ

  • 必修科目
  • 選択科目

1年次

放射線技術学のベースを学びつつ、診療放射線技師の現場業務を見学し、将来の目標を明確にします。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
基礎数学
基礎生物学
情報処理法
情報管理法
日本語表現法
英語
など
専門基礎教育科目
生化学
人体の構造と機能
解剖生理学
病理学
薬理学
放射線物理学
など
専門教育科目
画像解剖学
など

2年次

専門分野の学びの中で、診療放射線技師国家試験につながる他の資格取得も目指します。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
統計分析法
日本語表現法
英語コミュニケーション
自己管理と社会規範
人間の理解
社会の理解
など
専門基礎教育科目
臨床医学概論
公衆衛生学
医用工学演習
医用工学実験
放射化学
放射線計測学
など
専門教育科目
診療画像機器学
診療画像機器学実験
診療画像技術学
画像解剖学
放射線治療技術学
医用画像情報学
生命倫理学
など

3年次

実践的な技術・知識を整理し、病院での臨床実習へ。後期には研究室への配属も決定します。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
他者理解と信頼関係
地域活動と社会貢献
など
専門基礎教育科目
放射線計測学実験
など
専門教育科目
臨床実習
診療画像技術学
診療画像技術学実験
核医学検査技術学
放射線治療技術学
医用画像情報学
医療情報学
放射線安全管理学
関係法令
など

4年次

病院での臨床実習でさらなる技術を習得し、国家試験に向け、知識と技能を整理・統合します。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
解剖生理学演習
など
専門基礎教育科目
放射線計測学実験
など
専門教育科目
核医学検査技術学
放射線治療技術学
放射線安全管理学
チーム医療論
臨床実習
放射線技術学特別講義
総合演習
卒業研究
など

目指せる資格

  • 診療放射線技師〔国〕
    ※卒業時に受験資格を取得
  • 第1種・第2種放射線取扱主任者〔国〕
    ※在学時に取得可能
  • エックス線作業主任者〔国〕
    ※診療放射線技師免許取得後に申請取得
  • ガンマ線透過写真撮影作業主任者〔国〕
    ※診療放射線技師免許取得後に申請取得
  • 第1種作業環境測定士(放射性物質)〔国〕
    ※診療放射線技師免許取得後に作業環境測定士講習の受講を経て取得可能
  • 医療情報技師能力検定試験〈日本医療情報学会〉
  • ITパスポート試験〔国〕
  • 基本情報技術者試験〔国〕

〔国〕は国家資格、〈 〉内は実施団体