4年間の学びのイメージ

  • 必修科目
  • 選択科目

1年次

専門分野を学び、義肢装具学に対する意識を高め2年次からの臨床実習に備えます。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
基礎数学
基礎生物学
情報処理法
情報管理法
日本語表現法
英語
など
専門基礎教育科目
基礎解剖演習
義肢装具学概論
義肢装具材料学
医学概論
など
専門教育科目
義肢装具基本工作論
装具学
疾患と義肢装具評価学演習
義肢装具基本工作論実習
装具学実習
義肢装具の美術演習
など

2年次

実践的な技術の基礎を講義・実習を通して身につけます。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
統計分析法
日本語表現法
英語コミュニケーション
自己管理と社会規範
人間の理解
社会の理解
など
専門基礎教育科目
義肢装具の統計
運動学
義肢装具材料力学
リハビリテーション医学
など
専門教育科目
義肢学
装具学
動作解析工学演習
義肢装具臨床実習
義肢学実習
装具学実習
など

3年次

身につけた知識・技術を整理し、後期には義肢製作所での実習に向かいます。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
基本教育科目
他者理解と信頼関係
地域活動と社会貢献
など
専門基礎教育科目
電子工作演習
病理学概論
機能解剖学
リハビリテーション工学
など
専門教育科目
義肢学
装具学
中枢神経疾患と装具評価演習
研究デザイン
整形外科学
義肢学実習
装具学実習
など

4年次

義肢装具学に関する実践技術の総仕上げとして、高度専門科目や卒業研究に取り組みます。

主な科目

  • 必修科目
  • 選択科目
専門基礎教育科目
義肢装具の統計
生命倫理学
臨床心理学
など
専門教育科目
総合演習
義肢装具研究法
住環境と福祉
福祉用具学
義肢学
装具学
義肢装具学関係法規
理学療法・作業療法
義肢学実習
装具学実習
卒業研究
など

目指せる資格

  • 義肢装具士〔国〕
    ※卒業時に受験資格を取得
  • 義肢・装具製作技能士(1級)〔国〕
    ※卒業後、実務経験を積んで受験資格を取得
  • 義肢・装具製作技能士(2級)〔国〕
    ※卒業時に受験資格を取得
  • 福祉用具プランナー〈テクノエイド協会〉
  • 介護職員初任者研修〈都道府県〉
  • 福祉用具専門相談員〈各地方の厚生局〉
  • 福祉住環境コーディネーター検定試験〈東京商工会議所〉
  • 福祉情報技術コーディネーター認定試験〈全日本情報学習振興協会〉
  • 〔国〕は国家資格、〈 〉内は実施団体