就職情報

都市環境学科

安定的な求人がある業界。個人の適性を4年間でじっくり探れる。

  1. ほとんどの学生が第一志望の企業に内定をもらう。
  2. 道内企業から全国企業まで幅広い。
  3. 公務員合格者が近年増加中。

就職・進学実績[2020年度]

就職率

安定的な求人があり、適性に合った職種を選べます。公務員への就職実績の高さも特徴。

0%

※就職希望者に対する就職率です。

  • 建設業

    0.0%
  • 公務員

    0.0%
  • 建設
    コンサルタント

    0.0%
  • その他

    0.0%

学生1人あたり就職応募社数
[2019年度]

全国平均
12.36
都市環境学科
0.0
少ない応募社数で
納得できる進路へ

地域別求人社数
[2020年度]

  • 札幌 0
  • 道内(札幌除く) 0
  • 東北 0
  • 関東 0
  • 中部 0
  • 関西以西 0
※学科不問含む ※求人社数の地域は、本社所在地

主な就職・進学先

[2018〜2020年度実績]

[建設業(ゼネコン)]

戸田建設、伊藤組土建、岩田地崎建設、西江建設、熊谷組、飛島建設、砂子組、宮坂建設工業、ドーピー建設工業、東洋建設、ピーエス三菱、淺沼組、こぶし建設

[建設業(道路関係)]

道路工業、NIPPO、前田道路、大成ロテック、大林道路、東亜道路工業、鹿島道路

[建設コンサルタント]

開発虎ノ門コンサルタント、パブリックコンサルタント、開発工営社、近代設計、三幸ランドプランニング

[公務員]

北海道職員(総合土木A)、北海道開発局、札幌市、旭川市

など

卒業生インタビュー

村岡 貢 さん
村岡 貢 さん

飛島建設 札幌支店
新幹線ニセコトンネル作業所

村岡 貢 さん Muraoka Mitsugu

  • 2015年卒業
  • 「誰かのために」という想いが、大規模な現場を動かす。

    現在は北海道新幹線延伸へ向けてトンネルの施工管理を担当し、日々の測量や安全・品質管理、作業現場への指示やとりまとめを行っています。これまで、岩手県での震災復興、道路構造物の施工に携わりました。人の役に立つ仕事がしたいという想いでこの業界を志望したので、担当した建造物が実際に利用されているのを見たときは嬉しかったです。作業現場でのコミュニケーションが仕事の精度に関わるため、学生時代の部活動やボランティアは貴重な経験でした。また、大学での「地盤工学」や「材料・測量」の勉強はどの現場でも使う基礎知識となりました。とはいえ、同じ条件の現場はないので、その都度勉強が必要。経験を積みながら、暮らしをより豊かにする公共物に関わっていきたいです。