就職情報

情報工学科

道内外、大手企業にも求められる社会のニーズに即したIT人材を育成。

  1. あらゆる業界、業種でITは必要とされており、ITエンジニアは人手不足状態。
  2. ベンチャーから大企業まで幅広い選択肢がある。
  3. 従来の関東圏中心から、近年は道内への就職者比率が増加中。

就職・進学実績[2020年度]

就職率

社会のニーズに即したITスキルを持った人材は大手企業からも多くの求人があります。

0%

※就職希望者に対する就職率です。

  • ソフトウェア
    開発業

    0.0%
  • 電気通信設備業

    0.0%
  • サービス業

    0.0%
  • インターネット
    関連サービス業

    0.0%
  • 卸売業・小売業

    0.0%
  • 公務員

    0.0%
  • その他

    0.0%

学生1人あたり就職応募社数
[2019年度]

全国平均
12.36
情報工学科
0.0
少ない応募社数で
納得できる進路へ

地域別求人社数
[2020年度]

  • 札幌 0
  • 道内(札幌除く) 0
  • 東北 0
  • 関東 0
  • 中部 0
  • 関西以西 0
※学科不問含む ※求人社数の地域は、本社所在地

主な就職・進学先

[2018〜2020年度実績]

[ソフトウェア]

NTTデータ北海道、ドコモ・テクノロジ、日立ソリューションズ東日本、NECフィールディング、北海道ジェイ・アール・システム開発、HBA、北海道日立システムズ、日本アイビーエム・ソリューション・サービス、NTTテクノクロス、SOC、シーズ・ラボ、北洋システム開発、つうけんアドバンスシステムズ、ジャパンテクニカルソフトウェア

[インターネット関連サービス]

インターパーク、エム・アンド・アイ、ダイアモンドヘッド

[電気通信設備]

つうけん、ドコモCS北海道、ミライト

[その他]

北海道職員(上級)、富良野市役所、稚内市役所、北海道旅客鉄道、北空知信用金庫、北ガスジープレックス、北海道科学大学

など

卒業生インタビュー

田辺 裕勝 さん
田辺 裕勝 さん

コア 北海道カンパニー
エンベデッドソリューション部

工藤 花那 さん Kana Kudo

  • 2016年卒業
  • 北海道帯広柏葉高校出身
  • Q.現在の仕事内容を教えてください。

    システムエンジニアとしてソフトウェア開発に携わっています。これまでシステム開発のための効率化ツールや、社会インフラの保守管理システムの開発など、さまざまな分野の開発を担当してきました。当社は本社が東京にあるため、北海道にいながら最先端の技術に触れられる会社だと感じています。日々技術を高めながら、社内の品質向上やビジネス創出に向けたプロジェクトにも関わっています。

  • Q.学生時代の学びで役に立っていることは?

    情報工学科ではプログラミングだけでなく、さまざまな情報技術を学びました。当社では幅広い分野の開発業務に対応しているため、授業で多くの技術に触れた経験が現在も活きています。またIT業界は情報革新のスピードが速く、日頃から情報収集や技術習得が求められる業界です。そのため学生の頃から現在まで、新しいものを受け入れ積極的にチャレンジする姿勢を意識し続けています。

  • Q.仕事のどこにやりがいを感じますか?

    開発を行う際、お客さまの要件や課題をヒアリングし、開発者から仕様を提案することが多くあります。自身の提案が採用されたり、お客さまから好評をいただくと、やりがいになります。またプログラミングでは、効率的で保守性の高いコードを作成する工夫をしており、それらを上司や同僚に認めてもらえると達成感を感じます。

  • Q.これからの目標を教えてください。

    もっと多くの経験を重ねスキルを習得し、お客さまの課題解決につながる提案ができる技術者になりたいです。そして出産・育休という経験も活かしていきたいと考えています。IT業界はまだ女性比率が低い状況なので、子育て世代の女性にとってロールモデルとなる人材になれるよう、キャリアアップを図っていきたいです。