Clinical Engineering

保健医療学部 臨床工学科

Clinical Engineering

高度化する
医療機器のスペシャリスト。

臨床工学技士は、医療現場に欠かせない数々の医療機器を操作するほか、医療システム全体のセキュリティ管理も行います。本学科では医療機器の専門知識とコミュニケーション能力を備えた臨床工学技士を養成します。

学びの特徴

  1. point 1 現場に即した学びを展開

    1年次から病院見学などを行い、現場に数多く触れながら学びを深めます。3年次の実習「生体機能代行装置学実習」では、実際に病院で業務を行う臨床工学技士を招き、医療機関で使用する人工透析の機器の扱いについて学びます。

  2. point 2 国家試験対策も支援

    本学における臨床工学士の国家試験対策は大きく2段階。1年次に基礎力をつけ、2年次に「第1種ME技術実力検定試験」に合格してから国家試験対策に進みます。4年次は毎月国家試験対策模試を実施、面談で勉強アドバイスも行います。

  3. point 3 学び続ける習慣の習得

    4年間を通じてグループワークの機会が多くあり、国家試験勉強もグループで教え合いながら力をつけていきます。国家試験対策のほか、臨床実習、卒業研究と学ぶことが多くありますが、学び続ける習慣は卒業後にも役立ちます。

4年間の学びのイメージ

臨床工学とは何か

医師・看護師と患者さんの中間に立ち、最新の医療技術とそれを必要としている人をつなぐ臨床工学士。人工心肺機器や手術支援ロボット、AEDやペースメーカーなど、現代では機械を使わない治療はないといわれており、活躍の場が広がっています。病院での臨床実習では、実践技術の向上を図りながら、最先端の機器に触れることができます。

就職情報

数字で見る臨床工学科

入学試験(前期)合格者の最高点・平均点[2020年度入試]

一般試験(1日目のみ)

満点300
最高276
平均233.4

大学入試センター試験利用入試

満点600
最高530
平均443.8

入学者の出願区分[2020年度入試]

新ガリレオ入試5
一般入試21
合計77
推薦入試46
センター試験
利用入試
5

入学定員

臨床工学科70
保健医療学部290

開学から現在までの卒業生数合計

0

入学者出身地分布図[2020年度]

  • 札幌 0
  • 札幌以外の道央 0
  • 道南 0
  • 道北 0
  • 道東 0
  • 東北 0
  • その他の地域 0

在学生男女数[2019年度]

男性 0
女性 0

専任教員数

0
臨床
経験者
0

スカラーシップ生[2020年度実績]

スカラーシップS 0
スカラーシップA 0
スカラーシップB 0
※1〜4年次合計

進級・卒業率[2019年度]

0.0%
0.0%
0.0%
0.0%
2年次
3年次
4年次
卒業率

臨床工学技士国家試験合格率[2019年度]

0.0%